Four period






c0049287_13533694.jpg




自分なりの。指揮論。
以前書いた物をはっつけただけ、ってのは秘密w



初指揮から数日後、戦術・戦略と言うものを読み解こうと思い指揮そのものを長期お休みにした。
その時に調べた物とかのメモ書きみたいなもの。
主観等で一杯ですのでご理解ご了承(ry


戦争時に用いられる略としては、戦術、戦略の二つに大別出来る。

○略

・戦術
戦術(せんじゅつ)とは、戦闘や競技・または何等かの競争(経済・経営、議論といった、他と競い合うもの)のように、困難、障害物に対して挑戦するに際し、実際の行動を決定する計画、またはその計画に沿って行われる行動を指す。
なお英語では、個々の戦闘や状況に於ける戦術を Tactics と呼び、より総合的な物である Strategy と区別するが、 Strategy は日本語に於ける戦略と同義であるものの、しばしばある種の連続的な戦術も Strategy と表現する。日本では戦術は幾ら集まっても戦術である。戦術の指針となり、それらを計画する段階で参照されるのが、日本語に於ける戦略である。

戦術 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E8%A1%93


・戦略
戦略(せんりゃく)とは、特定の目標(目的)を達成するために描かれた長期的なプランのことであり、戦術の上位概念として位置づけられる。
戦争に代表される闘争行為/競争行為を目的-戦略-戦術と階層化・体系化して、各レベルにおける最適解を求めるアプローチ及びそれに伴う組織論は、カール・フォン・クラウゼヴィッツが、その著書『戦争論』において確立したものであり、いわゆる戦略論が展開されるときは、この基本スキーム下にあると言っても過言ではない。それ以降、以下に例示するように、戦略という言葉はさまざまな分野で使われている。

戦略 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E7%95%A5


現実では仮想敵国を想定し準備する以上、
戦略>>戦術
になるのであって、戦術(いってみれば区域戦)での勝利を積み重ねても戦略は完遂しない。
・勝負に勝って試合に負けた
と言う場合、勝負=戦術、試合=戦略、であると思う。

ぶっちゃけて言うと、前線で士気を鼓舞する様な指揮は戦術、
後方支援、補給線確保、戦力の確保等の地味な作業を含めた部分が戦略であると言える。


◆RFに於いては
各3国の統制を落すという言ってみれば玉入れなので、統制制圧=戦術で落せる部分もある。
統制周囲の制圧が成されていない状態であっても統制を落せてしまう事からも明らか。
戦術=前線指揮
戦略=補給線確保(復帰ルート確保・指示)、分隊運用
と言えるかと。




○二大軍師

軍師と言えば、と言われると、西のクラウゼヴィッツと東の子。
銀英伝なら戦術のヤン、戦略のライン(ry。
#本来はヤンは戦略の人だと思われ。
#戦術は現実処理能力、戦略は推察を積み重ねる想像力を必要とし、それぞれ脳の使う場所が違う。
#稀に両方持った人がいて、そういう人が歴史上でも名軍師と呼び称されていると思う。
#ex.ユリウスカエサル、ハンニバル、ナポレオン


・カール・フォン・クラウゼヴィッツ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84

戦争論は実際に即しており、仮想敵国を「戦略」を以って制圧する事を理想としている。
よって、かなり抽象的な部分もあり、現代戦への転用等、難しい部分も。


・孫子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E5%AD%90_(%E6%9B%B8%E7%89%A9)

四書が一つ。
中国・春秋時代の兵法書。

計篇:兵とは国の大事なり。
謀攻篇:百戦百勝は善の善なるものに非ざるなり、戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり。
虚実篇:善く戦うところの者は、人を致して人に致されず。
軍争篇:其の疾きこと風の如く、其の徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如く、知り難きこと陰の如く、動くこと雷震の如し。
九地篇:始めは処女の如く、敵人戸を開くや、後は脱兎の如く、敵は拒ぐに及ばず。
火攻篇:怒りはまた喜ぶべく、慍りはまた悦ぶべきも、亡国はもってまた存すべからず、死者はもってまた生くべからず。

風林火山はその方面に疎い方でも御存知では。
かなり抽象的な書き方しかしておらず、故に読む側によって応用出来る範囲も違う事になるかと。
電子索敵や超高々度からの偵察等あるリアル現代戦では通用しない部分が多々あるが、
ゲリラ戦や市街地戦ではその運用は絶大な効果を上げる事になるかと。
孫子が言いたいのは、「戦いとは、人と人がする物である」という絶対前提に立っている、と個人的には思う。
であるから、応用出来る部分が現代においても存在するんだと。


・ジョン・ナッシュ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

軍師ではないが、私が最も重要視する理論の展開者。
映画好きな人は、『ビューティフル・マインド』(A Beautiful Mind)の主人公、と言えば分かるかも。

ナッシュ均衡 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%9D%87%E8%A1%A1

囚人のジレンマ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9A%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9E

これらを説明する事は避けます。
自分が教えて欲しい位だし、理解出来ていない事を説明するのは困難です。
興味のある方は見てみるといいかも。


ただ、マクロ経済、ミクロ経済、戦略論、応用する人次第でほぼ全てに使えてしまう理論、
これは、黄金律(と言うものが存在するとして)のカケラなんじゃないか、と思っている。
ピタゴラスの定理に用いられる比率も黄金律のカケラの一つだと勝手に信じているが。


あと、数学やって来た人には聞き覚えのある名前だと思うけれど、
オイラー定数で有名なオイラーが定義した

・「ケーニヒスベルクの問題」
一筆書き - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E7%AD%86%E6%9B%B8%E3%81%8D


これも部隊運用上避けては通れない理論かも。
#特攻>特攻>また特攻、っていう純日本国戦法には必要のないものですけれどね・・・w
#部隊は資源であり、無限では(ゲーム内ではほぼ無限だけれど)無い。
##その時、そのタイミングに居ないのであれば、その部隊は遊軍であり、戦略上不必要な存在になっている。
##虚実を挟んだ部隊運営であるなら、話は別だろうが。



なんだかんだで、結局ナッシュ均衡周りで話にカタが付いてしまうのはなんとやら・・

まずは自分の資質を俯瞰的に見極める事が必要になるんでしょうね。


彼を知らずして己を知れば一勝一敗。 彼を知らず己を知らざれば戦うごとに必ず殆うし
[PR]
by doru555 | 2006-06-02 13:54 | ㌦RF㌦