Dilemma

今回は、標的ACUとした場合の対コラとの統制削り合いに付いて考えてみる。





囚人のジレンマ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9A%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9E

以上。

じゃ味気ないのでwww

コラの種族としての特徴を考えてみると、
フォーサーやアニムス使いの多い&つまり近接高防禦系少ない、動員数が多い
・高火力=削り速度早い
・低防御=被殲滅速度早い
だと思う。

それと立地条件を活かした戦略が、
LA前までに死に戻りを吸収し戦力を保持、
LA時に『多数』にて『短時間』に『火力集中』する戦術。

つまり、ごくごく正統的な運用です。
#良い悪いの観点ではなく、正統的と言うことはつまり、外し難い、失敗し難い、と言うことで。
#運用する上で応用範囲が広く汎用的な部分が広い、とも言えるかも。
##つまり、ベラはそんな古今から洗練された戦術に相対せねばならぬわけで。
##ってことは、相手の期待値を無効化すればいいわけで。
##その1案が↓です。

んで、いつもありきたりなACUでの状況を仮にここで再現してみると、

A60:両軍、標的をAのみに据える。統制へはコラが押したらベラは引く、そのタイミングでベラが統制削りに行く、の押し引き。
A55:アクレシアがBに分隊派遣するならこのタイミング
A50:アクレシアがCCUにカウンターを仕掛けるならこのタイミング。今回はB・Cどちらへも失敗したとする。
A40:アクの防衛はCGライン重視、死に戻りも即座にACU東側に配置。BC共に押し引き。
A30↓:攻撃両軍、LA意識、共に引くタイミングが早まる。コラはLAの為に死に戻り吸収最優先。
A30~25:ベラが我慢仕切れなくて押す。
A25:アク防衛、ベラ意識。ベラ後退気味。というか、後退。寧ろ撤退。退却。
同タイミング:コラ全勢力を持って襲来。統制への初撃にて5%程。
A20:アク防衛に。対コラ意識、排除開始。でも南側に多い。
同タイミング:ベラもアクのコラ迎撃の背後からLAへ。
A20以下:LA開始
んで、大抵コラLAゲット。

読みにくいね、ゴメン(;´Д`)

何が言いたいかと言うと、ベラがコラを助ける一因になっている、と言う事。
指揮下から離脱してACUを削る人とかも残念ながらそうなってしまう。

仮に、コラ単軍でACUを削りに入った場合、
削りきれるかもしれないけれど、
アク防衛が全軍対コラで防衛に入った場合と仮定するなら(A30付近のベラ攻勢が無いと仮定するなら)、
コラはA統制に辿り着けない、若しくは、初撃以外はほぼ削れないと思う。
それまでの押し引きでコラが統制に辿り付いて張りつき削りまくる事が無いことからもそれは明らか。

c0049287_1163224.jpg


Yは火力、Xは時間で0に収束して行く二次曲線です。
コラからしてみたら、LAに懸かる時間が長ければ長いほど自軍が殲滅されて火力が二次曲線的に落ちて行く。
ベラの削りは結果的にコラの火力の残っている間にLA戦を終わらせてしまっている、という一面もあります。
今現在は、○の地点でLAが終わっている、とも言えます。

反面、
コラの火力を利用しないとベラ単独ではACUは落せません(防衛0なら落ちるが、アリエナイので仮定しない)。

つまり、2ヶ国の火力がアク防衛を上まわった状態で、かつ、
コラの火力が最低になる地点、しかもA統制HPが残っている状態、
この全条件を満たすタイミング(☆地点)が、ベラLAのベストなタイミング、となります。
当然、ベラの戦力(=火力)も上下しますので、そのタイミングを測るのは容易ではありませんが。
[PR]
by doru555 | 2006-06-09 11:06 | ㌦RF㌦